40代男性が情報工学学士を取りたいがために勉強をする記録

プログラムを書かなくなって長い40代のITエンジニアが情報工学を取得したいがために勉強をする記録を書いていきます。

【ウイークリーレポート】20210503週の勉強記録

  今週の勉強記録です。今期の科目と進捗は以下の通り。(▲はオンライン授業)

  第5回まで進んでいればオンスケとみなします。なお数学科目はこれまで数学の勉強をちゃんとしておらず、単位を落とす可能性が少なからずある要注意科目のため、赤字で記しています。

 

【進捗前倒し】

 ▲C言語基礎演習(’20) :第8回まで受講(視聴終了・課題のみ)

▲情報ネットワーク(’18) :第6回まで受講

初歩からの数学(’18) :第15回まで視聴(視聴終了)→Web課題提出完了

アルゴリズムとプログラミング(’20) :第5回まで受講→Web課題提出完了  

データ構造とプログラミング(’18):第7回まで受講→Web課題提出完了

データベース(’17) :第6回まで視聴→Web課題提出完了

記号論理学(’14) :第6回まで視聴

     

【進捗オンスケ】

   

【進捗遅延】

入門微分積分(’16):第3回まで視聴   

線型代数学(’17) :第2回まで視聴
  

 GWの予定が緊急事態宣言により吹っ飛んでしまいました。いくつかの遊びの用事はオンラインイベントにより代替されたので全く無くなったわけではないのですが、これは神のお告げとばかりに、学習を一気に進めました。具体的には、「線形代数学」「入門微分積分」を学習するための露払いとして、それ以外の科目を一気に進めました。

「初歩からの数学」は、いったん全15回の視聴を終えました。最後3回「極限」「微分」「積分」は改めて見直さなくてはいけないだろうなとも感じていますが、ともあれWeb課題も提出したので、最低限の学習は済ませることはできました。

 

  「アルゴリズムとプログラミング」「データ構造とプログラミング」「データベース」は、詰まるところも現状殆どないため、Web課題もサクッと提出できました。データ構造は計算量のところは注意しないと忘れそうですが、そこさえ気をつければ大丈夫でしょう。

  「記号論理学」は、今のところ「わからない」と「面白い」が混ざっていて、ある意味で一番学び甲斐があります。来週には第7回を終えてWeb課題に取り掛かる予定です。タブローについてもきちんと理解を進めます*1

 

  そして鬼門の「線形代数学」「入門微分積分」ですが、放送大学の教材だけでは立ち向かえないので、自学習用の教材を買い増ししました。

 

微分の教科書 (大学数学基礎力養成)

微分の教科書 (大学数学基礎力養成)

  • 作者:丸井 洋子
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
微分の問題集 (大学数学基礎力養成)

微分の問題集 (大学数学基礎力養成)

  • 作者:丸井 洋子
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  以前にチャート式も買って進めようとしたのですが、解説が不十分(2ページ目で「いや、そういう式の変形ってどうやるの?どういうプロセスでそうなった??」という疑問がワラワラ湧いてくるレベル)だったので、絶対先に進められないと思い、断念しました。 代わりに買ったこれらの教材は、どちらもまだ第一章までしか進んではいないものの、きちんと解説があり、なんとか進められそうな気はしています。

 

   併せて、以前に買った「長岡先生の授業が聞ける 高校数学の教科書」も併用することにしました。 

  範囲としては「三角関数」「微分積分」などの、今回の範囲の前提となりそうな箇所を並行で学ぶつもりでいます。本来であれば、数3、数Cの範囲もやるべきだと思うのですが、あまりに範囲が広いので、どうしたものが迷っています。パッと見た感じだと、数3は「極限」「微分法」など、「入門微分積分」の範囲に非常に近そうに見えるのですが…。

 

 

  今週はボーナスタイムだと思っています。これだけ勉強に時間を使ったのはいつ依頼でしょうか。下手したら大学受験依頼かもしれません。単位はとらないといけませんが、受験ほど人生を左右する話というわけでもないので、ちょうどよいプレッシャーに感じています。今が一番勉強が楽しい時期かもしれません。いや、大変は大変なのですが。

*1:仕事柄、タブローと言えば「Tableau」のことを指すのでしばらく間違えそうです…。

【ウイークリーレポート】20210426週の勉強記録

今週の勉強記録です。今期の科目と進捗は以下の通り。(▲はオンライン授業)

第4回まで進んでいればオンスケとみなします。なお数学科目はこれまで数学の勉強をちゃんとしておらず、単位を落とす可能性が少なからずある要注意科目のため、赤字で記しています。

 

【進捗前倒し】

 ▲C言語基礎演習(’20) :第8回まで受講

▲情報ネットワーク(’18) :第6回まで受講

初歩からの数学(’18) :第6回まで視聴

  

【進捗オンスケ】

記号論理学(’14) :第4回まで視聴

データベース(’17) :第4回まで視聴

アルゴリズムとプログラミング(’20) :第4回まで受講  

データ構造とプログラミング(’18):第4回まで受講

  

【進捗遅延】

線型代数学(’17) :第1回まで視聴
入門微分積分(’16):第1回まで視聴  

  

  「線形代数学」「入門微分積分」は参考教材などを買った上で、ようやく仕事が一段落したので、この2科目に本腰を入れるための準備をしました。具体的には「他の楽勝ではないけど理解できる科目を一気に前倒しする」です。 というわけで、IT系の「データベース」「アルゴリズムとプログラミング」「データ構造とプログラミング」を視聴した上で、「初歩からの数学」を一気に進めました。「初歩からの数学」は、いまのところは理解できている範囲が多くそんなに手間取っていないのですが、このあとの単元「三角関数」「数列」あたりは怪しいので、改めて学ぶことにします。また、この科目の最後が「微分積分」なので、まずこれを終わらせてから入門微分積分に入ろうと思います。ネックなのは、「初歩からの数学」の教科書に演習問題が無いことです。演習をするには、科目「演習初歩からの数学’20」を取らないといけないのですが、登録がギリギリで科目を精査する余裕が無かったので、存在を知らずに科目登録をしてしまいました。なんとか対策を取れないか考えたのですが、「N予備校で復習をする」ことを思いつきました。

www.nnn.ed.nico

  もともと数学と機械学習を学ぶという名目で入学してましたが、高校数学の復習が必要ないまこそ使うべきでしょう。というわけで、まずは「入門微分積分」「線形代数学」以外の科目を一気に終わらせて、この2つの科目を取れるように準備をするべきだという結論になりました。幸か不幸か、GWに出かける予定が緊急事態宣言で潰れてしまったので、勉強に集中できる環境は整いました。

  果たして、無事に単位は取れるのでしょうか。 

 

【放送大学】入門微分積分が分からなすぎて泣き叫んだら優しい方々が教えてくれた教材まとめ

  タイトルの通りです。

  放送大学の科目「入門微分積分」の講義を聞いてわかった気になったものの、第1回の演習問題が全く解けず僕は絶望しました。それもそのはず、ここでいう「入門」とは大学で使う微分積分の入門であって、「ド文系で微分積分も完全に忘れているけど『入門』を取って学び直そう」という、本当の微分積分の入門という科目ではなかったからです。

  まだ4月だけど、このままでは単位が危ないと確信した僕はTwitterで「なんか教材とかわかりやすいやつありませんか…」と泣き叫びました。そしてTwitterには、優しい声が集まりました。本当にご紹介いただいた皆様には感謝しかありません。

  以下、自分への備忘録も兼ねて紹介いただいた教材をまとめます。

 

「朝日おとなの学びなおし」というシリーズ。現在読み進めていますが、筆者のエピソードから微分積分への解説が臨場感があります。概念を理解するのであれば、確かに良さそうです。 

 

  こちらは自分で見つけた本。数学ガールシリーズ。これも面白いけど、くり返し読んだほうがよく分かるかもしれません。 

チャート式シリーズ 大学教養 微分積分の基礎 (チャート式・シリーズ)

チャート式シリーズ 大学教養 微分積分の基礎 (チャート式・シリーズ)

  • 発売日: 2021/04/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  チャート式シリーズ。大学受験で数学をやらなかったので、実はチャート式を初めて知りました。線形代数学でもチャート式を紹介されたので手を付けたのですが、解説が分からず挫折したので紹介された時は尻込みしていたのですが、どうやら色によって難易度が違うらしく、黄色のほうが易しいと情報をいただきました。黄色を買おうかどうか迷っています。本屋で立ち読みができればよいのですが、まさかの緊急事態宣言による短縮営業で、ちょっと困っています。どこかで時間を見つけられればいいのですが。

 

微分方程式 (モノグラフ (20))

微分方程式 (モノグラフ (20))

  • 作者:石原 繁
  • 発売日: 2001/06/01
  • メディア: 単行本
 

 

微分 (科学新興社モノグラフ 34)
 

 科学新興社のモノグラフシリーズ。このシリーズ、存在自体知らなかったのですが有名みたいです。ただ、出版社に関する情報も含めて、情報が少なく「時間があったら手を出してみる」という程度になりそうです。

 

 

微分の教科書 (大学数学基礎力養成)

微分の教科書 (大学数学基礎力養成)

  • 作者:丸井 洋子
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
積分の問題集 (大学数学基礎力養成)

積分の問題集 (大学数学基礎力養成)

  • 作者:丸井 洋子
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
積分の教科書 (大学数学基礎力養成)

積分の教科書 (大学数学基礎力養成)

  • 作者:丸井 洋子
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
微分の問題集 (大学数学基礎力養成)

微分の問題集 (大学数学基礎力養成)

  • 作者:丸井 洋子
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

丸井洋子先生の「教科書」「問題集」シリーズ。文系なのだから時間がかかるのは仕方ないと言うアドバイスとともに紹介をいただきました。全くそのとおりだと思います。勉強している目的ですが、まずは放送大学の単位を取って情報工学の学士を得ることが第一の目的です。しかし最終的な目的としては、プログラミング・機械学習を学ぶにあたって数学的な知識の不足で理解が追いつかない状態を解消することです。 そのため、付け焼き刃の知識だけで単位を取得してそれで終わりでは、意味があまりありません。おそらくこれらの本は買って時間を書けてでも少しずつ学ばなければならないのだろうなとほぼ確認しています。

 


www.youtube.com

予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」チャンネル。Youtubeチャンネルを探すという発想が全く無かったのですが、確かにYoutuber全盛期の今なら、こういったチャンネルはあってもおかしくないと妙に納得しました。放送大学の教材と合わせて視聴して理解を深めようと思いました。

 

  これらの教材は紹介いただいたものをまとめたに過ぎず、まだ全ての教材について手にとって試したわけではありません。しかし、これまで勉強をしてきた(そして、同じように勉強に苦労した)先輩方が勧めてきたものなので、有益な情報であると思い記事としてまとめること自体に価値があると思い、まとめました。どうかこの記事が微分積分が理解できずに苦しんでいる大学生にとって有益な記事となりますように。

  少なくとも、僕にとっては有益な記事です。

【ウイークリーレポート】20210419週の勉強記録

今週の勉強記録です。今期の科目と進捗は以下の通り。(▲はオンライン授業)

第3回まで進んでいればオンスケとみなします。なお数学科目はこれまで数学の勉強をちゃんとしておらず、単位を落とす可能性が少なからずある要注意科目のため、赤字で記しています。

 

【進捗前倒し】

 ▲C言語基礎演習(’20) :第8回まで受講

記号論理学(’14) :第4回まで視聴

▲情報ネットワーク(’18) :第6回まで受講

 

【進捗オンスケ】

データ構造とプログラミング(’18):第3回まで受講

初歩からの数学(’18) :第3回まで視聴

  

【進捗遅延】

線型代数学(’17) :第1回まで視聴
入門微分積分(’16):第1回まで視聴  

データベース(’17) :第2回まで視聴

アルゴリズムとプログラミング(’20) :第2回まで受講
 

  前回より進捗が遅れていますが、原因ははっきりしています。今週は本業で出張が入り、そもそも仕事に圧迫されてしまったためです。もっとも、対策(?)はしていて、業務の合間に数十分程度のスキマ時間ができることはわかっていたので、その時にできることをこっそりやっていました。具体的にはオンラインの「C言語基礎演習」「情報ネットワーク」を進めていました。結果的に、この2つは大幅に進捗を前倒ししており、C言語基礎演習に至っては、あとは課題を提出すれば終わりです(まだ課題提出期間が来ていないので着手はしていませんが、期間内にやれば間に合うレベルです)。

  それ以外の科目は、出張先に「記号論理学」「入門微分積分」の教科書を持って勉強しました。ですがショックな事に、入門微分積分は第1回の演習問題が問1以外解けませんでした。時間が経っているから復習も兼ねてもう一度第1回を視聴し、演習問題に着手したのですが、駄目でした。講義や印刷教材に書かれていることは、わかったようなわからないような感じを受けていたのですが、演習問題で「教わったことをどうやって用いるのか」が全くアイデアも出ず歯が立たなかったので、全く理解をしていないのだと思い知らされました。

   このままでは単位がヤバイと確信し、Twitterでなんとかできないかとお願いしたところ、おすすめの教科書やYoutubeチャンネルを紹介いただきました(このあたりは別の記事で備忘録も兼ねて記事を起こします)。まだ未着手ですが、線形代数学でも同じことになるのではと危惧しています。幸か不幸か、今年のGWも緊急事態宣言が発令されて、出かける用事が吹っ飛んでしまいました。今のうちに学習を進め、危険なところはわからんと騒いでなんとか手当できるようにしておこうと思います。

 

  ところで、入門微分積分でどうしてもわからないことが合ったので講師の石崎先生に問い合わせをしたところ、学習方針も含めて丁寧な回答をいただきました。ありがとうございます。先生に相談するのは大事ですね。しかし、「わからない」と騒いだら先輩方からアドバイスをもらったり先生に指南してもらったりと、20年前の大学時代よりよっぽど大学生らしいことをしているなあと思いました。20年前は誰に何をどうやって聞いていいか分からず八方塞がりで、何もわからないまま卒業したことを考えると、学習に対する姿勢も成果も雲泥の差になるだろうなと確信しています。

   今の所、良い大学生活を過ごせているようです。ありがとうございます。

【ウイークリーレポート】20210412週の勉強記録

今週の勉強記録です。今期の科目と進捗は以下の通り。(▲はオンライン授業)

第二回まで進んでいればオンスケとみなします。なお数学科目はこれまで数学の勉強をちゃんとしておらず、単位を落とす可能性が少なからずある要注意科目のため、赤字で記しています。

 

【進捗前倒し】

記号論理学(’14) :第3回まで視聴

初歩からの数学(’18) :第3回まで視聴

データベース(’17) :第2回まで視聴

▲情報ネットワーク(’18) :第2回まで受講

 

【進捗オンスケ】

▲C言語基礎演習(’20) :第2回まで受講

アルゴリズムとプログラミング(’20) :第2回まで受講
データ構造とプログラミング(’18):第2回まで受講

 

【進捗遅延】

線型代数学(’17) :第1回まで視聴
入門微分積分(’16):第1回まで視聴 

 

  数学関連の2つが早速遅延しました。全体を通して見るとそれほど進捗は遅れていないように見えていますが、一番単位が取れるか心配している2科目が遅延しているので、危険です。今週はほかの進捗も気にしつつ、この2科目については重点的に勉強しないと行けないと思われます。

  一方で、今週収穫だったのは「記号論理学」が面白そうな科目であったことです。第2回まではイントロダクション的な内容で特に感想は無かったのですが、第三回で結合記号や述語記号の説明が始まってからは、意味はまだ理解しきれていないものの、「自然言語では曖昧にならざるを得ない論理を記号として抽象化し正確に書き表わそうとしている」ことが雰囲気だけでもわかり、大変興味がわきました。記号論理学はデータベースと密接に関連する学問だと思うのですが、もともとデータベースはIT系の中でも興味があって好きな分野なので、学習が一層楽しみになってきました。

 

   今週末は時間を確保して、数学以外の科目について学習をすすめるつもりでいます。テストが近くなってバタバタしてしまわないように、学習を終えて数学科目に集中できるように。そして来週は出張です。幸か不幸か、コロナで誰かと遊ぶということができないので、仕事が終わったらホテルで勉学に励むことができそうです。どこまで進めることができるのでしょうか。

 

【ウイークリーレポート】20210405週の勉強記録

本当はなぜ放送大学で勉強することにしたのか、とか先に書くべきだと思うのですが、取り急ぎ週間記録をつけるための記事を書きます。

 

今期の科目と進捗は以下の通り。(▲はオンライン授業)

 

【進捗前倒し】

初歩からの数学(’18) :第3回まで視聴

データベース(’17) :第2回まで視聴

▲情報ネットワーク(’18) :第2回まで受講

 

【進捗オンスケ】

線型代数学(’17) :第1回まで視聴
入門微分積分(’16):第1回まで視聴 

▲C言語基礎演習(’20) :第2回まで受講

 

【進捗遅延】

記号論理学(’14) :未視聴
アルゴリズムとプログラミング(’20) :未視聴
データ構造とプログラミング(’18):未視聴 

  これだけ見ると「大丈夫か」と心配になりそうですが、僕自身は進捗自体はそこまでは気にしていないです。進捗遅延で「アルゴリズムとプログラミング」「データ構造とプログラミング」は、テキストを読んで理解はできそうであり、後で追いつけば良いやと高をくくっています。情報処理試験で学んだことと結構かぶっており、ちゃんとやれば思い出せるという自信があります。そういった意味では、情報処理試験は役に立つのだなと改めて思います。

  むしろ問題は赤太字で書いた数学科目です。ド文系(文学部卒)で数学の内容は高校から逃げていたのですが、そのツケを今払っています。確率論はわかるのですが、指数対数や微分は「公式はなんとなく理解しているけど」というレベルで、複雑な演算や一見すると対数や微分が出てこなそうだけど実は使うという場面になったらお手上げです。

当然「あれ?ここ対数使えば簡単にならない?」というような勘も働くはずがありません*1

  そのような状態なので、「初歩からの数学」以外は「まずそれ以前の知識から」ということで今必死になっています。正直甘く見ていました。「記号論理学」は多分高校数学の前提となる知識はいらない(あくまで「知らないと理解できない公式などが無い」という意味)と思うのですが、「線形代数学」「入門微分積分」は危険です。特に「線形代数学」は「線形代数入門」の科目の存在に気付かず登録してしまったのが悔やまれます。知っっていたら絶対「線形代数入門」から始めていました。

  ということで、今期は数学との戦いです。まあ、こういう苦手な分野やいままで理解していなかった巨大な穴を埋めて学士を取るという目標なので、当たり前に出てくる壁ではあるのですが、線形代数学のチャート式が全然理解できずいきなり挫折したので、先行き不安です。 

 

チャート式シリーズ 大学教養 線形代数 (チャート式・シリーズ)

チャート式シリーズ 大学教養 線形代数 (チャート式・シリーズ)

  • 発売日: 2020/04/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  数学をやっておらず「チャート式」という有名さに惹かれて買ったのですが、失敗でした。解説読んで何度「いやいやいやいや、今何やったの!?」と突っ込んだことでしょう。これを読んでも行列の積の求め方が理解できませんでした。確かに間違ったことは書いていないのでしょうが、これは一通り線形代数学を理解した学生が知識の補強のために使うものであって、何も知らない初学者が使う類のテキストではないことがよくわかりました。 

 

  結城浩さんの数学ガールシリーズ。「微分を追いかけて」がとても良く理解できたので、結城浩さんを信じて購入。半分ぐらい読んでいるけど、やはりわかりやすい。本当に、今コレを読める高校生が羨ましい。

 

マンガ 線形代数入門 (ブルーバックス)

マンガ 線形代数入門 (ブルーバックス)

  • 作者:北垣 絵美
  • 発売日: 2013/07/19
  • メディア: 新書
 

  同じく線形代数が分からな過ぎて購入。ざっと流して読んだだけだけど、解説は親切という印象。ここの練習問題を手を動かしてやることで、線形代数を学ぶための準備はできると感じた。

 

   今週末は時間を確保して、数学以外の科目について学習をすすめるつもりでいます。テストが近くなってバタバタしてしまわないように、学習を終えて数学科目に集中できるようにです。

  あ、記号論理学も進めないとだめですね。これはこれで個人的に大変興味があるので。ここ理解してデータベースに関する理解を深めたいなあ。

 

*1:そしていまここに書かなかった単元は、完全に1から勉強し直しです